読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『五月蝿い』って怨念感じる


北海道の地名って、漢字の意味と関係なくアイヌ語での呼び名にあて字したんだね。名寄(なよろ)、比布(ぴっぷ)、音威子府(おといねっぷ)。
それに引き換え、「五月蝿い」ってこちらもあて字でも、うるさいっっ!!って怨念を感じるよね。
相方のイビキ五月蝿せぇーーっ!!!

ということで、相方の実家へ初帰省。
その字の通り、初めて来ました。

火曜は昼生活に変えるため、相方は大学のサークルの人達との飲み会に行き、遅めの帰宅。私は居間でうつらうつら。ベッドを取られて、且つ、酔っ払いはイビキが凄いので、居間でニキータドラマを見る。マギーQカッコいい!
朝方交換して眠る。
いやはや、相手が昼夜逆転生活者だともう一緒に寝れないね。イビキが五月蝿過ぎて。私は睡眠神経質だかんね。

16時くらいに家を出て羽田へ向かう。
モノレールに乗ってると大井競馬場が!初めて見たわ。競馬とかやったことないけど、なんでしょ、ギャンブル熱が高まるよね。「私はカジノへ年に数ヶ月通う女よ。大井競馬場、待ってなさい!」的な高揚感。あっ、これがギャンブル中毒者か。。

ちゃんと通り過ぎて、羽田着。
久しぶりの国内線。
北海道便は北口方面。ちゃんと向かう方面で北と南に分かれてるんだなぁ〜。

預ける荷物もないので、ささっとチェックイン。もうほとんど席が埋まっていたので、危険時補助シート(こんな名称じゃない)を取って中へ入る。
荷物検査で「飲み物入っていませんか?」と聞かれ、「あたぼうよー!」と思ってたら、国内線は飲み物持ち込み可になっていたんだね。
中で叔母さんのお土産探してると、伊勢丹でゼリーを勧められる。これが本当に美味い!ので、早速に決める。
f:id:hiro3ya:20150813054723j:image
で、飛行機を待ってると乗り込みがちょい遅れ、飛び立ちにもちょい遅れ、、、今年は飛行機ディレイを3回くらってるのでビクビクしていたが、ここはさすがのJAL、15分遅れで飛び立ちました〜。

旭川空港に到着すると、相方のお母さんが向かいに来てくれていて、早速名寄へ向かう。
電車で帰るとなると、空港から旭川駅まで40分、そこから電車…と何時間にもなるっぽいから、送り迎えはありがたい。。
道中、写真を撮ろう試みたが、あまりに暗くて何も撮れなかった…。
北海道ならではと思ったのが、道に上からぶら下がってる光る矢印。雪が数m積って、道路の位置が分からなくなるから、上から吊るしてあるのね。雪国会津出身だけど、これは見たこと無かったので、北海道の雪深さを感じるね。
f:id:hiro3ya:20150813053806j:image

夕飯は寿司を食べようと思っていたのだけど、やっぱり21時ではどこも閉まっているようなので、途中のファミレス『紙風船』へ。
窓からふと目をやると、「たまご、直販、自販機」とピカピカ光る電光掲示板が!おー、卵の自販機あるのか!後で写真に収めようと思ってたら、こちらも21時で終了のようで、消えてしまった…。うーん、、、。
海鮮系はまだ食べる機会があるかな、と思い、ハンバーグをいただく。うん、美味い!野菜とかやっぱ素材が美味いのを感じる。相方が注文した海鮮フライは海老3本、サーモン、イカ、白身魚と海鮮三昧で北海道食の旅幕開けにワクワクした。
f:id:hiro3ya:20150813054631j:image

旭川空港から2時間でやっとこお家に到着。お土産をささっと渡して就寝。
あーーー、五月蝿い。。
眠れないぃぃーー!

永ちゃんとGacktが言ってくるのよ…

今日はGacktと永ちゃんの名言にぐっときた。うん、分かってる。名言が刺さる時って迷いがあるって…。
『100%の事を望むなら 自分は300、400%やって初めて相手に自分の思いが届く。 by Gackt

酔っ払いの戯言と言っちゃえば、そうさ、簡単に自己弁護出来るよ。

最近、履歴書を書いたり、応募条件を見て、思うよ。
お前は本気で生きてるのか!?って。
『自分は、自分で追い込まないとね。 by矢沢永吉

応募条件のTOIEC850点程度の英語力を見て思ったよ。点数を取ったかどうかじゃねえ。850点程度の語力があるかどうかも自分で計れねぇ、話す事への挑戦が少ないからなんじゃねえのか!?ってね。

序章はこんぐらいにして。
ただいまカテリーナとアンドレが新婚旅行で東京に来てるということで、今日は一緒に夕飯を食べてきた。
カテリーナがシーフードがダメ、アンドレが肉がダメということで、お好み焼きに。お好み焼きはちょっとエンターテイメント性があっていいよね。
二人とも日本の漫画とか大好きで、説明のしがいがあった。特にデスノート!今やってるドラマは、ファンとしてはあれをデスノートなんて呼べません。キラが辞書引いてデスノートのルールを確認してるなんて許せませんからね!!ここは、カテリーナも同意。
二人はこれから京都に行って、そのあと香港でマジックザギャザリングの大会に出場するらしいのだけど、このロングバケーションは、ポルトガルでオンラインが出来ないからとのこと。何か今はスターズが政府にオンラインポーカー出来るようにアライアンス取りにいってるみたいですね。こういうの聞くと、いやはや、他人事じゃないなと思う。色んな国でこういうの起きてるんだね。

こういう外国から来た友人のディナーでは、いつもなら相方の後ろで頷いてる位だけど、今日のhiro3yaは一味違う。永ちゃんとGacktが後ろで「お前、今日1日を本気だった言えるか?」ってせっついてくるからね。
二人に何とか日本の魅力を感じて貰えるように300%とは言えないけど、150%位で伝えたよ。50%位は日本の良さが伝わったかなぁ。

とりあえず、TOEIC850点程度の英語力にはほど遠い事は自己認識したのである。

『自己認識する瞬間。これが本気(マジ)のスタートってことよ。 by hiro3ya』

7ゲームミックス

最近抉られた言葉「しがみ付かないと仕事はすぐ消えるよ。」毎日が真剣勝負ですね。

 

最近、相方の調子がよく、今朝も$320 6MAXで2位になったことから気分よく珈琲館へ朝食に。

その後、職業紹介会社に話を聞きに新宿へ。そこで、耳を疑うブラックに出会う。

隣の女の子がカウンセラーに前職を辞めた理由を話しているのが聞こえてしまった。

女の子「新卒で入社して、すぐに店長になったんですが、額面で15万円弱で手取りで10万ちょっとだったんです。。」

カ「えっ!?店長で10万円!???。それは辞めますよね。。」

ビビった。ブラックは仕事がきつい会社くらいかと思ってた。。本当に労働法を完全無視した会社があるのか・・・

 

そして、本日のメインイベント、ホームゲームの8ゲームミーーックス!!!

相方のプレイを後ろから見ていてずっとプレイしてみたいと思っていたのよね。Starsでフリーロールが開催されることもあるのだけど、ついつい逃してしまっていて。

と、早速同卓!

f:id:hiro3ya:20150728230800j:plain

リミット面白れーー!

これがリミットブラフか!キメる快感を知ったところで、このハンド・・・(プリフロオールイン)

f:id:hiro3ya:20150728230815j:plain

なんじゃーーー!!!私はNLHEやりに来たんじゃねーー!!!

せめて、ちょっぷぅーーープロ補正---!!スターズ通報---!!!

ということで、8ならず、7ゲームミックスで終了・・・

 

あっ、因みに、相方への誕生日プレゼントは氷枕2個をお贈りしました♥(気がきく!)

f:id:hiro3ya:20150728235034j:image

レアキャラ見っけ!

居たよレアキャラ!Neymar Junior!

f:id:hiro3ya:20150725034838j:plain

 

$0.05-0.10ZOOM打ってた!これなら同卓できる、と思い素早くレジスト。

100ハンドほどプレイしたところで消えてしまった~。

人数が530人くらいだったから1回くらい会えるかと思ったんだけどな。

f:id:hiro3ya:20150725035320j:plain

蕎麦ー寿司ーケーキー2-7会議

今回の旅で失くしたもの。
パソコン充電アダプターと財布、そして腹のくびれ…
大事過ぎる。。

起きたらもう15時半だった。次の日は相方の誕生日なので、どっか予約しようと何軒も電話するも、鰻は売り切れ、神楽坂はお祭りのため予約がいっぱい。起きてきたので、「どこに行きたい?」と聞くと「起きてるか分からないからいいよー。」と。「えー、誕生日なんだからー!」と返すも、「自分の誕生日なんだから、寝ててもいいじゃん」と。まぁ、本人が言うからいっか、と早めに諦め。次に優勝した時に貯めて祝いましょう!誕生日は勝手にやってくるけど、優勝は努力の賜物だからね!

さて、目が覚めてきたので、行きつけの蕎麦屋へ。いつもの冷やしタヌキ蕎麦!うめー!!蕎麦だけは日本だよ。

久しぶりに少しオンライン。
金額が小さ過ぎるせいか、遊んでしまった…。そして、以前より3betにやられる…。これは、気を引き締めてプレイを修正しないと!バルセロナで€200レディースがあるからな。

と、JJさんから築地寿司を誘われる。
朝方3人で海鮮丼食べに来た。目的のお店は開店がもうちょい遅かったので、隣のお店に。久しぶりの日本の寿司。JJさんがゲーム負けで3人分のお支払い。「ゴチです!」
f:id:hiro3ya:20150723071436j:image
その後、珈琲飲みにジョナサンへ。相方、「寝る前に甘いものはヤバイなぁ」私、「誕生日だしね!」とけしかける。相方、我慢出来ずケーキを食らう!
痩せて欲しいと思いつつも、美味しそうにケーキを頬張る顔を見るのが楽しくてついつい勧めちゃうんだよ。
f:id:hiro3ya:20150723071143j:image
食べ終わったところで、JJさんと2-7の最適戦略会議が始まる。目が輝いてきた。結論はJを如何に扱うかに尽きる!らしい。
(数回しかプレイしてない私でも分かるわ!)
f:id:hiro3ya:20150723075720j:image

ポルトガル2日目~帰宅

覚えるのが苦手だから日記を書き始めたんだった。記憶のあるうちに日記を書かねば。

長文駄文なので、面白くないよ、と先に注意書きしておきます。

 

ポルトガル2日目

Team Onlineのカテリーナとアンドレの結婚式。

招待状に書いてあった会場をググったら前の日に食事したレストランの近くだったので、歩いていくことに。

ホテルの入り口にはIsaac Haxton夫妻がタクシーを待ってる。どうせならと一緒に乗せてもらおうとしたのだけど、ちょっとしてAlexander Millarカップルが来て、女性陣がヒールを履いていたので、ここは譲り、歩いていくことに。

馬車が泊めてあったりと景色を楽しみながら歩いていたのだけど、そろそろ着いたかな、というところで皆が乗っているタクシーとすれ違い、元気よく手を振る私達!が一向に着かない。。あれっ?道に迷ったかな、と水撒きしているおじさんに聞き、歩く、着かない、近くのホテルの人に聞く、でやっと着いた!と思ったら誰もいない・・・と会場の人が教えてくれた。「教会はここじゃないよ」うげー、そうだ、外国の結婚式は教会は作り物じゃなかったー!歩くと20分くらいかかるということで、プランナーの人が車に乗せてくれた。ふぅ、何とかぎりぎり間に合った。みんな、こんなとこまで歩くつもりか、と遅い私達を心配していたよう。。

聖歌隊の美しい歌声が教会中に響き渡り、素敵でした~。そして、面白かったのが、ポルトガル人のアンドレとギリシャ人のカテリーナの違い。ポルトガルは保守的なようで、格好もおじいちゃんもカチッとスーツで決めているのだけど、ギリシャ人はカジュアル。参列していた中学生くらいの男の子はパーカーにジーパンでした。ヨーロッパ内でも違うものなのね。

教会から会場までタクシーがないので、下り坂だから男は歩こうと勢いよく歩きだしたところで相方負傷・・・片手に持った日本茶茶器セットを落とすまいとして、足をかなりひねってしまった。しょうがないので痛みを我慢して会場へ到着。

会場に入るまでに御庭のようなとこでアペタイザーとカクテルを楽しむ。英語圏の人達のガールズトークに入るのはちょっと厳しいな、とちょっと離れて座っていたら、女性陣が話しに来てくれた。

自分できちんとコミュニケーションを取れてこそ大人、のような自立の教育をうけている欧米人と英語で話すのはコンプレックスがあったのだけど、逆にみんな教育レベルが高すぎる人だったからか、私だって日本語話せないわー、ととても合わせてくれて凄く感動をした。特にIkeの奥さんの傾聴ぶりには、こんなアメリカ人居るのかー、欧米人レッテルを貼っていた自分を恥じた。

夕方過ぎに、食事の用意が出来たからと会場へ向かい、ポルトガル料理とワインを楽しむ。ポルトガルワインはとてもさっぱりしていて、美味しかった。

ゆっくりと会は進み、食事が終わったころか踊りが始まった。きっとギリシャ人は踊りが好きだから、プログラムに2,3曲踊りを入れたんだろうな、と思って見ていたら、終わらない・・・えっ、そういえば、招待状には日にちと会場くらいしか書いていなかった。もしや?と思い、他のヨーロッパ人に聞いてみたら、スペインでは朝方まで続くって聞いたことあるよ、と。案の定、23時を過ぎても終わる気配はない。。むしろ、若者のスペースでは一気飲みが始まった。これはタクシーも無くなるのでは・・・と相方の腫れあがった足も気になるところで御いとますることに。やはり、タクシー会社に電話してももう繋がらなかった・・・

仕方がないので、足をびっこひきながら歩いて帰路。霧がかっていて、これもまた幻想的な風景だった。

f:id:hiro3ya:20150722221712j:plain

f:id:hiro3ya:20150722221632j:plain

 

f:id:hiro3ya:20150722221647j:plain

 

 

ポルトガル3日目

リスボンへの移動です。

リスボンに有名なレストランがあるとのことで、ラスべガスから電話で予約しておいたので、お昼前には到着するように出発。これも忘れちゃいけないのが、リオのホテルの電話を使用したら2分半で$64請求されたということ。。私がアホで固定電話の方が安いのかなと思っていた。後で調べたら、携帯だったら10分の1くらいでいけた。繰り返す。ホテルの電話は使用してはいけない!

と、運転手さんがリスボンで道に迷い、こりゃダメだと判断して、ホテルまで歩いていき、何とか予約の時間には間に合った。店名はBelcanto。

たまたまらしいのだけど、日本でウェイターとして働いていた方がいて、日本語料理を説明してくれた。一つ一つ芸術的で美味しくて、料理好きな人にはぜひお勧めしたい。が、しまった!全く料理に興味ない人と来てしまった。ふと目をやると完全に目の焦点が合っていない・・・12品も少しずつくるので、食事し始めてから3時間も経過していたのだ。まぁ、相方は足痛いし、今日は食事してゆっくりかな、と観光はなしにした。

お店を出ようとしたところで、日本語を話せるウェイターさんに呼び止められ、日本人シェフを紹介された。このお店で副料理長をやってるとのこと。いやはや凄いですね。25歳からヨーロッパのレストランで料理の腕一本で周っていると。そして、料理の一つにあった丸いオリーブのような形状で、噛むとオイルが飛び出してくる料理の手法を聞いてみると、人工いくらの製法を利用したものとのこと。料理に副えられた海草もヨーロッパでは食すのは珍しいと聞き、日本の技だな!と勝手に気分がよくなった。

ホテルに戻り少し休み、「ひねった足にはスポーツテーピングなんだ!」と連呼する相方を宥めるため、デパートへ行くことに。これ以上、スポーツテーピングの雑学聞かされるのも適いませんからね。無事に手に入れ、私はポルトガルで有名なレタスモチーフの皿を手に入れ、この日はデパートの最上階でお茶をして食事は終わりにすることに。デパートの上は高いどころか安かった。コーヒーが€0.7。いいね!

f:id:hiro3ya:20150722235346j:plain

 

 

ポルトガル4日目

記憶力が悪いこともあって、歴史的建造物にはあまり興味のない私。観光には全く興味のない相方の二人なので、この日はリスボンベレンにあるジェロニモス修道院の修道女たちによって発明されたというPastel de Belémを食べにいくことに。端的に言うと、最も歴史のあるエッグタルトということですな。

その前に、エンリケ王子、ヴァスコダガマなどの大航海時代の功労者がモニュメントになっているということでそちらを観に。€4を払えばエレベーターでモニュメントの上まで登れます。高いとこが苦手な相方は全く景色を観ず、単に7階までエレベーターを乗っただけ。なんじゃそりゃ。上からは対岸が見えたり、敷き詰められたタイルで描いた大航海時代の世界地図を見渡せたりと、高いところが苦手でなければ中々楽しめる。

 

f:id:hiro3ya:20150722235406j:plain

f:id:hiro3ya:20150722235420j:plain

さて、こちらには高いところが苦手な人がいますので、そそくさと降り、エッグタルトのお店へ。お店を見つけて近づくと、ひえー、すごい人だかり。店の外には持ち帰り用に並ぶ列が。お店でも食べれるとガイドブックに書いてあったので、入ると奥へ奥へとお店が続きます。前の人に倣って着いていくと、列の最後が。お店の奥にフードコートのようにテーブルと椅子が犇めきあい、人だかりの山でした。しかし、この広さなので20分くらい待ったところで座れました。しかし、エアコンも無いのでとても暑かった。相方4つ、私2つ、出来立てのタルトを美味しくいただいた。

f:id:hiro3ya:20150722235437j:plain

16時くらいになり、カジノに行ってみることに。前の日に調べたところ、ポーカーテーブルはエストリアールという地区にあるよう。中心地から1本の電車で行けるので、私は立ち寄ってみたかったのですが、手持ちのユーロも少ないので、リスボン市内のカジノで我慢することに。場所は空港近くの駅で、巨大なショッピングセンターも近くにありました。カジノは、1階、2階がスロットで、3階にテーブルゲーム。どうせ来たので、ルーレットを少しプレイして、±0で終了した。カジノ帰りにCork&Coというコルク製品を販売しているお店に立ち寄る。ここの店員さんがまた、イケメンでいい感じに接客放置してくれて良かった。買う予定もなかったけど、コルクバック買っちゃった!コルク生地は強度が高く、水にも強いそうで、コルクの傘も売っていた。あの店員さんは似合う!間違いない!

ホテルに戻って小腹が空いたので、ホテルにあるレストランでリゾットとサラダとサングリアをいただく。これがまた予想しないほど旨かった。

 

 

ポルトガル最終日

12時チェックアウト、15時45分発の飛行機に乗るので、午前中に私一人で街を散策。可愛い雑貨屋さんなどを楽しんだ。早めにリスボン空港に到着して、フードコートへ。朝から食べていない相方はエネルギー切れ。ピザやらパスタやら様々なものがあったので、相方に何でもいいよ、と任せるとチョコレートのパンが4種。チョコフランスパン、チョコデニッシュ、シュガーパイ、チョコブラウニー。逆によくチョコパン4つ見つけたねぇ。流石にちょいとキレ気味の私。「野菜パンが食べたかった!」まぁ、今回は初のターキッシュエアライン!トルコ料理には期待しているから、パン1つだけいただいて飛行機に乗ることに。

リスボンからイスタンブールまで4時間半。食事は予想した通り、美味しかった!!チキン&サフランライスは感動!それも、ビジネスとの境界線の一番前の席にしてくれたので、足元も広くて大満足のフライトだった。イスタンブールに到着し、ケバブを食べようと探したのだけど、結局みつけられず、ゲートへ。すると、1時間ディレイの表示が。また時間が近づくとさらに1時間のディレイ。。もう我慢できぬ!と相方がご飯を買いにいくというので、「ピザに近い物を買ってきて!」と具体的に依頼し、ピザを食す。と、直後にさらにディレイの連絡が入り、ミールクーポン配布。もうちょい早く言ってよぉ。人だかりのとこに居るのがつらいので、少し離れたとこでゆっくりしている内に睡魔が。遅れから4時間経ったところで、ふわっと眠気がさめたので、相方にモニター表示を観てもらうと、「Go to gate」の文字が。焦りながら飛行機に乗り込む。今回もまたビジネスとの境界線の席にしてくれて超広くてよく寝れた!しかし、成田到着は22時半で、ギリギリ飛行機がホテルなどの保障をしてくれない時間だそうで、みんな焦って帰っていきました。私達もスカイライナーの終電に間に合わず、上野で寿司の夢叶わず、コンビニでたらこおにぎりを買って帰宅した。久しぶりのたらこ、旨かったぁ。

ポルトガルの旅で思ったのは、ポルトガル人は英語が話せるんだなということ。スペインではレストランのウェイター、カジノ関係者も全くに近く英語が話せなかったのだけど、ポルトガル人は田舎のタクシーのおじさん以外は片言ながらみんな話せていた。すごいなぁ。しかし、日本人が英語を話すというのはヨーロッパ人より難しいわけで。オリンピックの時は、日本なら英語教育の強化より、通訳ロボットの設置を増やす方が日本らしくていいんじゃない?とも思うわけであります。

締めくくりは、『やっぱりポーカープレイヤーはマカオだよね!』

f:id:hiro3ya:20150722235955j:plain

 

遊べる宮殿

やっとこリスボンに到着!今回のポルトガル旅行目的は相方の所属するTeam Onlineのカテリーナとアンドレの結婚式に参加するため。結婚式はリスボンから30kmほど離れたシントラという町でひらかれる。もーー疲れたので空港から直接タクシーで移動することに。

地球の歩き方」には、平日料金T1を休日料金T2に見ていないところでメーター変更するドライバーもいるので、注意と書いてある。まあ、T1で€0.46/km、T2で€0.55/kmなので、騙されてもいっか、と疲れからか乗れたことへの安堵の方が大きかった。ドライバーも気の良さそうなおじさん。メーターも1が表示されている。はー、良かったと落ち着いてふと見ると表示が「3」に!!ん??それも、どんどん金額が増えていく・・数字感覚のするどい相方は、「これ€1.5/kmくらいで加算されているよ。。」3って、新たな数字過ぎて全く意味が分からんー!それも3倍の加算って・・・まぁ、日本のタクシーと同じくらいの請求だったので、文句も言わず諦めた。言葉も分からないし、旅行にきて早々怒りたくもないし。おっちゃん、人を見る目あるよ!ナイス!!と誉めておいた。

 

そして、ホテル到着!ポルトガルは他のユーロ圏内に比べると物価が安く、古い建物が多いため、お城へ修道院などの歴史的建造物に割と手ごろで泊まれる。私たちもシントラにある「Hotel Palacio de Seteais」という、ナポレオン軍とシントラ協定を結んだといわれる宮殿を予約。朝方着いたので、ちょうど朝食の時間で、腹ごしらえしてホテル内の探索。庭が広く、ホテル内でゆっくりするのに良い感じ。

f:id:hiro3ya:20150717164433j:plain

f:id:hiro3ya:20150717164650j:plain

 

軽く睡眠をとって、近くのレガレイラ宮殿を見学しにいくことに。ゴシック調の宮殿で綺麗。さらっと観て、街中のお土産屋さんでもぶらぶらしようと気楽な気持ちだった。。。なめていた・・・レガレイラは想像を遥かに斜めへ。

入場するとすぐに宮殿があり、中は展示説明があり、相方は眠そう。「ポルトガルは全て私に任せるつもり!?」と一言活を入れて地図を渡し、ルートを決めさせる。「何か古井戸があるみたいだね。祠もそこらじゅうに。」目指してみるか、と広大な敷地を歩き出す。すると異変に気付いた。庭は小道がいくつにも分かれていて、井戸に行くにもトンネルが出来ている。いや、洞窟と言った方が正しいかも。それも中でいくつも分かれている。これはっっ!??ハッと相方の顔を見ると目がランランとしている。。気づいた時には時既におそし。地図をみるととても正確に書いてあることに気づき、全ての道を制覇せずにはいられない地図大好き少年に変身していた。。「今度はこの道を進んでみよう!」「祠が奥にもあるらしい。祠は全部確認しないとね。」「何!?地図には無い隠れトンネルを見つけてしまった!!」30分くらいの見学のつもりが、気づいたら3時間くらい経っていました。しかし、建築した人も何を考えていたのか、、、完全にFFかディズニーの世界でした。ポルトガルに行く予定があったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

f:id:hiro3ya:20150717164817j:plain

<宮殿はむしろオマケのようなもの>

f:id:hiro3ya:20150717165538j:plain

<少年心に火をつける地図>

f:id:hiro3ya:20150717165841j:plain

<至るところに洞窟が>

f:id:hiro3ya:20150717165716j:plain

<井戸の底から>

f:id:hiro3ya:20150717165636j:plain

<リアル風雲たけし城>

 

かなり運動をして、腹ペコになったので、街へ出てレストランを探すことに。メインストリートに出るも、混んでいて何か落ち着かない。上の方まで登ってみるか、と何となく進んでみると良さげなレストランが。ラッキーでした!テラス席からはシントラ市内が全て見渡せて、目の前には王宮が。あまり混んでもいなかったし、店員さんも丁寧&フレンドリーで、ゆったりと食事を楽しめた!相変らず店名聞くのを忘れた。。

f:id:hiro3ya:20150717165914j:plain

ここから数日はポーカーとは関係ない旅日記となりまする。